Y.K

北陸事業部

生産グループ

2009年新規学卒入社

駒澤大学 仏教学部卒業

  • 1年目

    エコマテリアル事業部
    営業グループ

  • 2年目

    北陸事業部 営業グループ

  • 3年目

    北陸事業部 生産グループ

  • 現在に至る

日々自分が掲げたノルマとの戦い。だけど達成できた時はやっぱり、やりがいを感じます。

仕事内容とやりがい

日々自分が掲げたノルマとの戦い。
だけど達成できた時はやっぱり、やりがいを感じます。

今の仕事は「紙断裁工程」という、お客さまに納入する紙を加工しています。
コンマ2ミリの誤差でクレームになってしまうほどシビアな世界なので、本当に注意して作業しなければいけないですし、集中力が問われる仕事です。
1日に7~8万枚紙を切るという目標を自分自身で掲げ、達成できるように頑張っています。1人で機械に向き合うので、日々自分との闘いです。目標を達成出来た時は、やりがいを感じますね。

頑張れば頑張った分だけ自分自身に結果が返ってくる。日々の仕事が印象に残っています。

様々な業種を通して強みや財産になったこと

他の職種を経験したからこそ自分の強みになっていることがある。

私は2年間営業職だったので、製造を行う際に意識し、考えていることがあります。
はじめから生産グループにいると、お客様の顔は見えないですし、どういった会社なのかもなかなか知ることができないです。
営業職を経験した強みから製造している段ボールをお客様目線で、気を付けたり、細かくチェックしたりしています。
他にも働いていく中で、その場所やたくさんの人との関りを持つことで吸収した経験も、自分の財産になっています。営業職にいた時にお世話になった上司には色々教わりました。手を抜かずに熱心に仕事をされる姿勢は、背中を見ているだけでもすごく成長できました。

  • マラソンの実業団で世界を目指すのが夢でした。
  • 入社したきっかけ

    実業団で世界を目指すのが夢でした。

    東京で学生をしているときは陸上部で長距離の選手でした。実業団で世界を目指すのが夢でしたが地元で就職することに決めたんです。
    色々な会社の説明会を受ける中で、「段ボールを作っている会社が実家の近くにあるんだ」と興味が湧いたのがきっかけです。
    説明会で対応してくださった方に、親身になって相談に乗って頂いたことや、 家からも近い、また社会に数多く流通する段ボールや包装資材を取扱う事業内容に惹かれ、この会社を選びました。

  • 新江州ってどんな会社

    休憩時間はプライベートなことで笑い合ったり。
    オンオフがはっきりしてます。

    先輩社員や上司達が親身になって相談に乗ってくれますし、きっちりと仕事を教えていただけるので円滑に進めることができます。
    また、昼休みの休憩時間は仕事のことを話さずに、プライベートなことで笑い合ったりすることも多く、オンオフがはっきりしている会社です。
    北陸事業部の中で、それぞれ行っている仕事内容は違っても、みんなでコミュニケーションを取り合いやすい環境ができていて、働きやすい職場だと思っています。

  • 休憩時間はプライベートなことで笑い合ったり。オンオフがはっきりしてます。
以前はずっと、ほとんど毎週海に行って、活動してました。

オフの日は何をしていますか?

休日は毎週海に行って、活動していました。

オフの過ごし方はいろいろですけど、基本、外に出ることが多いです。
夏はライフセーバーというボランティアをやっています。
冬場は釣りやサーフィンなので、基本海にいることが多いですね(笑)。
結婚してからはあまり行けてないですけど(笑)、それまでは毎週海に行って活動していました。
実際に仕事とプライベートを充実できている良い職場なので入社して良かったです。

とにかく、自分に自信を持ってください。

学生のみなさんへメッセージ

とにかく、自分に自信を持ってください。

学生生活では、積極的に様々な活動に参加し、いろいろな人と関わりを持つことで、知識・経験を増やしていくことが自分の財産になると思います。
入社直後は右も左も分からないと思いますが、全員がゼロからのスタートです。
私自身もそうですが、目的・目標をしっかり立ててもらいたいなと思います。自信を持ってやっていけばいろいろなことが見えてくるはずです。